借金生活で生きるのが辛い?そんな時こそポジティブになりませんか?

借金

借金で生活が苦しいなあ…

そのせいで毎日生きているのが辛いよ…

借金のせいで生きるのが辛い?

そんな時こそポジティブに考えませんか?

そうは言っても…と今の状況に落ち込んじゃいますよね。

それなら「借金のポジティブな捉え方」をお伝えすれば今よりもポジティブに生きられますね!

借金のポジティブな捉え方1:他に借金生活を送っている人達を想像する

「周りはみんな幸せそうに生活してるのに、自分だけ借金生活で辛い!」

借金を抱えている人は自分だけ辛い思いをしていると考えがちです。

しかしそれは間違いなんです。

実は日本人の3人に1人が借金をしています。

なので割合だけで言うと「借金をしていることは何も恥ずかしくない」ことが分かります。

 

自分以外にも借金生活を送っている人がたくさんいると想像しただけでも気は楽になりますね!

 

借金のポジティブな捉え方2:借金があっても最悪死なないと考える

「借金で生活できない…死ぬかもしれない…」

と絶望する人もいると思いますが、死なないので安心してください。

 

日本には債務整理制度生活保護制度など、生活が苦しい人を救済する処置がたくさんあります。

税金が払えない場合でも役所で相談をすれば減額や免除、分割払いでの対応をしてくれる場合があります。

どれだけ借金があっても最悪死なないので、どうにかなる精神でポジティブに生きましょう!

借金のポジティブな捉え方3:借金を人生経験と捉える

借金をしたことは行動した結果なんです。

行動した過程や結果は、全てあなたの人生経験として蓄積されます。

借金をしたことで得る人生経験は、借金をしたことがない人は絶対に手に入れられない貴重な経験なんです。その貴重な経験があるほど人は深みが出ます。

 

例えば、過去に挫折や失敗をしている成功者の顔って経験豊富そうな独特な深みがある印象ですよね。

それは失敗をしたことで得る人生経験から多くのことを学び、その苦労を乗り越えたからこそ得られるものなんです。

 

なので借金をしていることは深みのある人間になれるチャンスであって、決してピンチな状況ではないんです。

その考え方で借金に対する認識を変えれば、借金生活を送っている期間がいかに大切かが実感できますね。

まさにピンチはチャンスです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると借金のポジティブな捉え方は3つあります。

 

・他に借金生活を送っている人達を想像する
・借金があっても最悪死なないと考える
・借金を人生経験と捉える

 

借金に対する捉え方を変えるだけで、同じ借金生活でも全く生活する楽しさが違ってきますね。

どうせ借金生活を送るなら、暗く過ごすより明るく楽しく過ごしたいですよね。

 

今日から借金に対する捉え方を変えてポジティブで明るい借金生活を送りましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました